Concept


むすひ池

DSC03124.JPG

むすひ池 

DSC03120.JPG大縣神社の神体山である本宮山から湧き出た御水を湛えた池が「むすひ池」です。
「むすひ」には、「産霊(むすひ)」と「結び」の二義があります。産霊は自然に物事が発生する意味で、全てのものに内在する生命力をいいます。もう一方の結びは、モノとモノとをくくりつけ、関係づける力の事であり、人と人とを結びつけるばかりではなく、天地、万物を生成・発展させる御霊のはたらきがむすひの力です。
皆様方の願意が御神意によりむすび叶えられますようご祈願下さい。



祈願について

DSC03152.JPG祈願用紙を授与所にてお受けいただきます。次にその用紙に願を書き、もとのように閉じます。その際に願意の上におむすび形の紙を乗せて閉じて下さい。祈願をする際、用紙の中央にお賽銭をのせて水面に浮かべ御祈願下さい。祈願用紙が早く沈めば願の成就が早く、遅く沈むと縁が遠いと云われ、また近くで沈むと身近に、遠くで沈むと遠方に縁が有ると云われております。




えんむすびの石

DSC05645.JPG
木立に囲まれ川のせせらぎや鳥の囀りが聞こえる場所に、密かなパワースポット「ハート」の形をした自然石があります。縁結びの石といい、女性の方は左側に座り、祈念を籠めると良い縁に恵まれると信じられております。
是非ご祈願を!





みに鳥居

DSC05656.JPG
摂社「ひめのみや」はタマヒメノミコトを祀り、安産・子授け・女性の守護神と称えられております。境内には小さな鳥居が建立され「みに鳥居」「開運鳥居」とよばれております。ご自身の願が天に通じる様祈願を籠めて通り抜けて下さい。






古池鱗林 むすひ講談

0055[1].jpg
むすひ池竣工に併せ女流講談師 古池鱗林(こいけりんりん)さんのえんむすび講談を開催します。
期日 平成23年8月8日午前10時竣工奉告祭
         引き続き講談を行います。

※観賞は無料ですが、観賞希望者多数の場合は入場制限をさせて頂きます。



むすひ池

祈願用紙を授与所にてお受けになり 神様へのお願い事や感謝の気持ち またこれからの抱負などをお書き頂きましたら、もとのように用紙を閉じます

お社を参拝後 むすひ池に向かいます お書きいただいた祈願用紙の中央にお賽銭をのせ水面に浮かべます


祈願の旨がつよい程御神威が伝わると云われております
清らかな心でご祈願下さい