Concept


HOME > ご祈祷のご案内



ご祈祷のご案内



大縣神社の御祭神は、濃尾平野を肥沃な大地として開拓した神様と伝えられ、古来より朝廷を始め衆民よりの崇敬篤く、厄難を退け事業を繁栄へと導く、開運の神として仰がれております。

各種祈祷を、毎日午前8時30分より随時ご奉仕致しております。
皆様の安心・安全の為、祈祷中は換気を行い、混雑時は昇殿人員を制限してご案内致しておりますこと、お含みおき下さい。






◎厄除け祈祷のご案内

厄年とは一般には災厄に遭いやすいとされる年齢を云います。この厄年の「厄」は人生の節目をさし、今後の人生をどう生きるか考える時期ともいえます。
厄除けのご祈祷をお受けになり、この一年をお健やかにお過ごし下さい。


令和3年 厄年一覧    
  年齢(数え年) 前 厄 本 厄 後 厄
男性 25歳 平成10年生まれ 平成9年生まれ 平成8年生まれ
42歳 昭和56年生まれ 昭和55年生まれ 昭和54年生まれ
61歳   昭和36年生まれ  
  年齢(数え年) 前 厄 本 厄 後 厄
女性 19歳 平成16年生まれ 平成15年生まれ 平成14年生まれ
33歳 平成2年生まれ   平成元年生まれ 昭和63年生まれ 
 37歳    昭和60年生まれ  

※厄除けのご祈願は元旦より毎日行っております
※ご都合の良い時間にお越し下さい







◎安産祈願(腹帯)のご祈祷のご案内

安産のご祈願は、懐妊5ヶ月目の戌の日に、神社のご朱印や祈願の文字を入れた布を妊婦に着せるもので、着帯ともいわれています。戌の日を選ぶのは、犬がたくさんの子を産み、お産が軽いため、昔から安産の守り神として人々に愛されてきました。
新しい生命が胎内に宿ることを両親はもとより、親戚縁者もこれを喜び、胎児の健全な発育を願い安産を祈る気持ちは、今も昔も変わるものではありません。ご祈祷をお受けになられ、懐妊を奉告し安産をご祈願しましょう。
腹帯、または布等(コルセット)をお持ちいただければ神社の印をお押し、ご祈願申し上げます。




令和3年 戌の日カレンダー
1月  2日(土) 14日(木)   26日(火) 7月 1日(木)  13日(火)  25日() 
2月 7日()  19日(金)   8月  6日(金) 18日(水)  30日(月) 
3月 3日(水)  15日(月)  27日(土)  9月  11日(土) 23日(木)   
4月  8日(木) 20日(火)    10月 5日(火)  17日()  29日(金) 
5月  日( 14日(金)  26日(水)  11月  10日(水) 22日(月)  
6月 7日(月)  19日(土)    12月  日(土) 16日(木)  28日(火) 





神社祭典行事等がございます場合は暫くお待ち頂きます。


出張祭典

地鎮祭、起工式、竣工祭、安全祈願祭、入居・事務所開き、その他諸祭典のお申込みは来社または電話にて承ります。

〒484-0834
 愛知県犬山市字宮山3番地 大縣神社社務所 
電 話(0568)67-1017     ファックス(0568)67-3549

大縣神社について



大縣神社(おおあがたじんじゃ)は、尾張の国を開拓された親神様である
大縣大神(おおあがたのおおかみ)をお祀りした神社です。
創祀は古く、尾張本宮山頂より現在の地にお祀りされてから2024年と
いう悠久の歴史を持っております。

大縣神社拝殿